【実録】中古マンションを売りに出しました。その2 売り出し価格と購入当時の価格差

中古マンションを売りに出しました。シリーズその2

https://soboro.work/fudousan/post-61/

こちらからの続きです。

今回は購入価格と売り出し価格について書いていきます。

■物件概要、築年数

物件概要 築40年 公団 階段5階 70㎡ 南向き 眺望良し

ワオ、化石のような住宅ですね

それでもしっかり修繕はされています

県庁所在地、駅前10分と立地は悪くない

そういったこともあり周りで空家はないと思います。

購入年は2008年、この時点で築30年以上でした

購入価格は590万円

ちなみに徒歩1分の同じ町内で新築一戸建てを買おうとすると10倍する

格差がすごい土地です・・・

これにリフォームを150万入れて諸費用もろもろ込みで780万円くらいだったでしょうか

そこからすでに10年近くは住んだので

リフォームをした箇所ももうピカピカとは言えません

人によっては変えないと住みたくないという方もいらっしゃると思います。

■不動産屋と価格の打ち合わせ・査定金額

1回目の訪店では間取り図、購入時価格の載ったのチラシなどを持って行きました。

近隣で類似物件が出ていない時期だったこともあり

その場で出た仮査定金額は7、800万。購入価格より上がついたのは

10年前に比べてアベノミクスなどの影響もあってかそのあたりの地価が上がっていたことも

関係したのかもしれません。

今回新しく住み替え先を探している時も感じましたが

候補地も値上がってしまい

10年前と同じ価格では買えなくなっていました。

■現地調査を経て売り出し価格の決定

リフォームの状況や物件を詳しくみてから正式な売り出し価格を決めるということで

早速不動産屋の営業さんに来ていただき現地調査。

「結構古いな・・・」「これはリフォームかなり必要だな・・・」

そう思われたかどうかはは想像の域を出ません。

■売り出し価格下がりました

現地調査の結果、売り出し価格は「680万円」で決定

当初聞いていた価格からは下がりましたが

それでもリフォーム含めない購入価格よりは上になりますね。

10年も住んであまりマイナスにならないのであれば上出来です。

ただこれで売れれば、ですが・・・

■3ヶ月経ちますが売れていません

現在媒介契約よりもうじき3ヶ月が経とうとしていますが

現地へ見学はあるもののなかなか商談へは進んでいません。

時期的に6~9月なので難しいのかもしれません・・・

(私がこの物件を購入したのは確か8月でしたが)

コレだけ古い物件ですと管理費修繕費も何の苦も無く払える金額なので

値下げして焦って売るよりは長期的にいきたいなとは思いますが

不動産屋も長々と売っていられない、チラシや活動にも時間もお金もかけられないと思いますので

何らかの提案はあるだろうな・・・とビクビクしています。

値下げ?リフォームしての再販売?

続報また更新します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク